現在非常に多くの中小企業が、自社に社員食堂を導入するべきかどうかを考えています。というのも、社員食堂を導入することによって、企業と社員、双方にとって一石二鳥を超えた複数のメリットを得られる可能性が高いからです。

ここでは社員食堂を導入することで、企業側と社員側に具体的にどのようなメリットが得られるのか、また導入する際の注意点とその対応策を紹介していきます。

 

社員食堂導入で期待できる、中小企業側のメリットとは

 

あった方が良いと思う福利厚生のランキングにおいて、社員食堂などの食事補助は、一位になっています。実際に全体の33.9%の人が社員食堂はあった方が良いと考えていて、社員食堂がある会社で働く従業員の離職率は低いという調査結果も出ています。

また社員食堂は就職、転職活動をおこなっている人にとって、企業選びの判断材料のひとつとして重要視される傾向にあるので、優秀な人材を確保するための企業アピールにあるといったメリットもあります。

 

社員食堂導入で、中小企業社員の生活はこう変わる

 

社員目線で見た場合、外に出る必要がないため食事時間の短縮につながり、コンビニや外食で食事を摂るよりも日々の昼食代を安く済ませることができ、なおかつさまざまなメニューが用意されているため、自身の健康管理にとっても非常に都合が良く、毎日の食事が楽しみとなり、結果的に仕事へのモチベーションアップにつながるといった効果が期待できます。

特にカロリー制限や生活習慣病などを考慮した、栄養バランスの良い食事を提供してくれることは、日々忙しく仕事をこなしていて自己管理がままならないという人にとってはとても大きいメリットとなります。

そして社員同士が同じ時間、同じ場所に一堂に介する空間が形成されるので、社員同士のコミュニケーションが活発となり、チームワーク向上が期待できます。これによって情報交換による社員間のスムーズな連携、他の人と話すことによる発想の転換やアイデアのひらめきに繋がります。

 

中小企業に社員食堂を導入する際の注意点とは?

 

上記の項目で説明したように、社員食堂を導入することで企業と従業員、共に大きなプラスを得ることが期待できます。しかしそれにも関わらず、いまだに多くの中小企業が導入を渋るのには理由があります。

まず社員食堂を作るには、相応の食事スペースがなければなりません。そしてほとんど社員のためだけに飲食店をひとつ運営するようなものなので、毎月膨大な人件費と光熱費がかかりますし、安価に提供するので利益も期待できません。

そんな資金面での体力は、都内に本社を構えている大企業ならともかく、日々の資金繰りに苦労している中小企業にとっては非常に難しい話となるでしょう。しかし社員食堂があることによるメリットは計り知れないので、その事実を無視することは難しくもあります。

そこでそのような問題点を解決できる、中小企業でも導入できる社員食堂の実現方法を説明しましょう。

関連記事

中小企業に社員食堂を作るなら、アウトソーシングを活用しよう!

 

企業みずから社員食堂を運営するには、直営方式と準直営方式というふたつの方法があります。

それぞれの特徴を紹介していくと、まず直営方式は会社が食堂スペースを確保し、各種設備を用意し調理スタッフをはじめとする労働者を雇い、運営も自社の事業の一部としておこなう方式です。

それに対して準直営方式では社員食堂をおこなう会社を自社とは別に設立、その会社の運営を別の人間に任せてしまう方式です。
このふたつの方式は、どちらも会社が自前で用意した環境であるという点では変わりがないため、先述した中小企業の資金繰りの問題が必然的に発生します。

そこで紹介したいのが、アウトソーシングによる中小企業での社員食堂の実現です。
具体的には食堂経営に必要となるスペースや設備、労働者をみずから用意するのではなく、少人数の中小企業にも対応できる、食堂経営を専門とする業者に依頼したり、食堂をビュッフェ形式にしてスペースと人件費の節約をおこなったりといった方法で実現すれば、大幅なコストカットが期待できます。

他にもテイクアウト専用の食事サービスを社内に設置したり、出来合いの食事を弁当屋さんに依頼し、配達を頼んだりといった方法も有効です。どちらの方法でも低価格で栄養バランスに優れた、バリエーションのある食事提供を実現することは十分に可能なので、限りなく社員食堂に近い形で問題を解決することができます。

また近隣に美味しいお店が軒を連ねている場合は、食事券や電子ポイントを配布してそちらで食事をおこなってもらう、という方法を検討してみるのも有効でしょう。

関連記事

 

まとめ

 

以上見てきたように。資金繰りに難航している中小企業においても、工夫することで従業員の満足度が高い食事の提供をおこなうことは十分に可能です。

まずはどんな方式を採用するか悩む前に、アウトソージング専門の業者に相談し、見積もりを出してみることがおすすめだと言えます。