社員食堂は企業がおこなっている福利厚生の中でも、非常に人気が高いものとなっています。

しかし社員食堂の導入方法や、企業においてどのようなメリットがあるなど、いまいち不明確であって、いったいどのように運営していけばいいのかがわからないという人も多いでしょう。今回は、そんな社員食堂の仕組みについて紹介していきますので、見ていきましょう。

企業で社員食堂を取り入れる方法

企業がいざ社員食堂を運営していこうと考えるにあたって、

大きく分けて三つの方式が現在あります。それぞれの方式が自分の企業にとって最適なのかを知るために、その仕組みをみていきましょう。

直営方式

企業が自社で、社員食堂に関するすべての運営をおこないます。お金も当然企業で出すことになり、事業の一環としておこなうので、理想に近いこだわりの社員食堂をみずから作ることが可能です。

食堂スペースの雰囲気から雇う料理人や栄養士、使用する食材とメニューまで何から何まで自分たちで決めるので、運営についての話し合いなども含め、時間がかかることも。

費用面では人件費や材料費が高くなりますが、自社で運営する分、利益を生まなくていいというメリットもあります。

大企業においては直営方式を採用することがとても多くあります。

準直営

準運営とは、直営方式と同じくお金は自社企業が出しますが、自社で社員食堂を直接運営するのではなく、信頼できる別の人間に運営を任せるタイプの方式です。

企業が別の会社を作り、そこが運営をすべて任されることになるので、コストは直営方式とそれほど変わりませんが、運営の労力は別会社に依頼をしているので、比較的負担減になります。

また自分たちよりも社員食堂の運営について詳しい人に頼めば、非常にクオリティの高いレベルの社員食堂を作ることができるでしょう。

外部委託方式

外部委託方式とは、みずから社員食堂を運営するのではなく、外部の専門業者と提携するため、プロの目線からのアドバイスをもらえたり、スタッフの人材確保や材料調達、衛生管理などの安心材料が多いのがメリットです。

厨房での現地調理をする場合や調理したものを配達するなど、運営方法は様々な形があります。

現在では需要も大きくなり、運営コストについて悩むことの多い中小企業を中心に採用していることが多いです。

企業における社員食堂とは

何故企業が高コストにもかかわらず社員食堂を運営するかというと、企業にとっても社員にとっても実に様々なメリットが社員食堂には存在するからです。

それではどのようなメリットがあるのか、ここではそれらのメリットを見ていきましょう。

人気の福利厚生で満足度UP

福利厚生の中において、社員食堂などの食事補助は、住宅手当と並んで非常に高い人気をほこっています。

社員食堂は従業員なら誰でも利用することができますし、食事は毎日の楽しみとしてモチベーションアップの効果があるので人気があるのも納得です。

実際に社員食堂の存在は働いている社員の離職率を下げるというデータも出ている他、就職活動をおこなっている人や、世間や外来客などの対外からのイメージアップにも大きくつながっているので、質の良い新入社員や外部との商談が期待できます。

社員同士のコミュニケーションの場

社員食堂は社内にあり、多彩なメニューと広いスペースがあり、多くの従業員が日々利用するので、コミュニケーションの場として形成されます。

コミュニケーションの場として使われることによって、社員同士の連携が高まり、円滑な人間関係が作れ、仕事もスムーズに進みやすくなります。普段喋らない人とも喋ることができ、ひとりでは思いつかないようなアイデアが浮かんだり、より俯瞰した立場で仕事を見つめ直すことができます。

社員の健康管理に

社員食堂は社員の健康のことを意識して運営されているので、調理師によって考案された、野菜がふんだんに取り入れられたさまざまなメニューを安価で楽しむことができます。

外食やコンビニの料理は味付けが濃く、栄養の偏りも起きやすいため病気や肥満につながりやすく、野菜も取りにくいですが、社員食堂の定食はあっさり目の味付けで塩分も少なく、ほとんどの定食に野菜がつくので、健康にとって非常に良い効果を与え、労働パフォーマンスの上昇が望めます。

カロリーへの配慮や栄養成分の表示をしていることも多く、健康意識の高い人やダイエットをしている人にとっては、自身の食事の把握をすることができます。

まとめ

社員食堂は企業にとってどのような運営方式があり、またメリットがあるのかを見てきました。一見、良いことだらけに見える社員食堂ですが、現実問題として中小企業がスペースや運営費用の問題で現実的な運営が困難で導入できないという問題も抱えています。

しかし、現在では外部委託型の社員食堂のサービスが広く普及しているので、運営コストを限りなく抑えて質のよく、健康的な食事生活を社員の人たちに送ってもらうことが可能となっています。

に多くの給食業者が存在しておりますので、その中で最適な業者を見つけ、それぞれと契約することで非常にクオリティの高い食生活が実現できます。

気軽な気持ちで導入できるので、是非業者に相談してみることをお勧めします。