企業や社員にとって福利厚生の面で非常に魅力的な社員食堂ですが、そこにはたくさんの職種の働いている人が存在しています。

もし社員食堂で働きたいと思った場合、どのような職種があり、どのような条件で働くことができるのでしょうか?

そして、栄養士として働く際には、どのようなメリットとデメリットが存在しているのでしょうか。

今回は社員食堂で働いている人のお話を元に、その辺りを詳しく紹介していこうと思います。

社員食堂で働く仕事内容は

社員食堂で働く仕事の内容は、通常の食堂と同様に様々なものがあります。働く人はパートと正社員に分かれていて、パートの多くは女性であり、その数は全体数の9割にも登ります。

社員食堂で用意されている仕事としては、

・献立作成
・栄養計算
・調理
・調理補助
・盛り付け
・接客
・提供
・洗浄・清掃
・発注
・事務作業
を分担して行います。

献立作成・栄養計算などは主に栄養士や管理栄養士が行い、調理、盛り付けなどは調理師が行います。
それ以外の部分をパートスタッフやアルバイトが補うことが多いです。

 

社員食堂で栄養士として働く

 

栄養管理士が働く仕事の内容は、職場ごとに変わってきます。というのも、育ち盛りの子供と大の大人、そして老人とでは、必要となる食事の栄養が変わってくるからです。

健康増進法、労働基準法といった法律の元において、社員食堂や学食といった施設では、栄養士や理栄養士の配置に努めるよう定められています。

1回300食〜1日750食以上の食事を出している施設においては、栄養士のうち少なくとも1人は管理栄養士でなければありません。

また300食以上の食事を提供する社員寮についても、栄養士が配置されている必要があります。

社員食堂の栄養士の仕事としては、食材または包材の発注、サンプルの試食とメニューの作成、イベントの立案、納品されたものの整理などをおこないます。

他にも電子看板の写真撮影や、オープン前の最終確認をおこなったり、ホールにでて補充などの追加作業、人手が足りていないところをサポートしにいったり、POP作成などもおこなうこととなります。

社員食堂でパートとして働く

 

パートは一般的に、慣れるまでの最初の方は接客を担当していくことになります。来店されたお客様へのあいさつから、簡単な盛り付け程度の料理の手伝いをおこなったり、食器を洗ったりすることとなります。

その後慣れてきたら調理補助を担当するようになり、調理補助ではご飯を炊き味噌汁を作ったり、野菜や食材をカットし、肉や魚を炒め、焼いたり、揚げたりすることが仕事となります。

その他に清掃業務があり、こちらは社員食堂内の清掃を担当します。清掃作業はパートがすることあれば、清掃業の人に依頼することもあります。

関連記事

社員食堂で働く際のメリットとは?

 

栄養士が社員食堂で働く際には、安定した休日があると言うメリットが存在します。

と言うのも企業が休みの場合、当然その日は開ける意味がないので、社員食堂も同じように休日となるからです。

他の休日、例えば年末年始なども休みとなるので、家族がいたりなどして休む必要がある人にとっては予定が立てやすく格好の条件と言えるでしょう。

また、毎日たくさんの社員が足を運んでくれるので顔なじみになったり、メニューについての感想やアドバイスを直接もらえたりと、やりがいを感じられるのもメリットと言えます。

メニュー作成においては、社内なので、呼び込みのためのPOP作成ではなく、楽しみながら作成できたり、工夫をして楽しくメニュー作成だけに純粋にこだわることができます。

社員食堂で働く際のデメリットは?

 

まず、ピークタイムの時間の忙しさが、非常に過労となります。12時になると一斉に社内中の社員達が食事に訪れるので、その対応に追われてしまうこととなります。

ですが、多くの従業員とのコミュニケーションが行えるので、働き甲斐があると言えるでしょう。単純作業だけではなく、人と人のつながりがもてるのも魅力です。

また給食施設の衛生管理は非常に厳しいものなので、温度管理、作業箇所、洗浄方法などの管理を完璧に行える人が求められてきます。

そして毎日同じ職場の人が来ることになるので、トラブルが起きた場合面倒な状況になってしまうというリスクもあります。

まとめ

社員食堂で働くことについて見てきました。社員食堂にはきっちりとした休日が取れるといったメリットが存在しますが、ピークタイムが忙しい、コミュニケーション能力が高く求められる、しっかりした衛生管理が求められると言ったデメリットもある事がわかりました。

企業側からすれば、そのような社員食堂を設置することは、非常に高いお金が必要になりますし、人材の確保も時間がかかることとなります。

ですので、企業に社員食堂を導入したいとなった場合、外部委託形式の社員食堂を選んでみるのもひとつの手だと言えるでしょう。

外部委託形式の社員食堂サービスでは、従業員の選定を外部から選ぶ事ができますし、また好きなメニューをチョイスして選ぶ事が可能になっています。

実際に自分の会社に社員食堂を設置することと比べ、導入する際のアドバイスをもらえたり相談に乗ってもらえるの特に中小企業において魅力的なサービスだと言えるでしょう。

もし社員食堂を設置したいと思っているが、導入方法や人材の面で難しいと思っている企業は、一度外部委託の業者を採用してみる事をおすすめします。