社員食堂の設置率は年々増加している傾向にありますが、その方式として直営・準直営・外部委託方式のように様々な運営方式があります。

ここではそれぞれの方式の特徴を紹介し、自社にとってどの方式が適切なのかを考えるきっかけになればと思います。

社員食堂運営の方式は3種類

社員食堂の導入方式は大きく3つに分かれています。まずその3つの方式をそれぞれ説明していきます。

直営方式

栄養士や調理師達を自社で雇用し、食堂のスペースもすべて用意し、企業の経営の一部としておこなっていく方式です。

大企業で採用されることの多い方式であり、企業が予算からメニューまで、すべて管理しておこなうことができます。

自社のブランドイメージに沿った形の食堂を作る事ができ、就活生や外来客をもてなす場としても活用できるため、企業アピールとしても大いに効果を発揮します。

準直営方法

自らの会社とは別に食堂運営をおこなうための会社を別途設立して、他の人に運営を任せる方式です。

準依託方式と呼ばれることもあり、基本的にお金は企業が出すものの、運営に関しては他社に任せるという形式になります。

すべてをまかせて信用できる外部の人間がいる場合は、とても効果的な運営方式だと言えるでしょう。

外部委託方式

自社の運営ではなく、社員食堂をすべてアウトソーシングでおこなう形式です。

委託した給食業者が給食業務の一部またはすべてを運営・管理する形態になります。

また、出来合いのものを専用スペースで販売したり、弁当配達をしたりと、調理するスペースが必要ない形式もあり、設備投資のコストが大幅に削減できるのが特徴です。委託会社を自由に選べるというメリットがあります。

社員食堂を直営で導入するメリット・デメリット

では社員食堂の導入を直営で行うメリットデメリットは何なのでしょうか?

社員食堂を直営で導入するメリット

直営で運営することによって、調理師や栄養士を自分たちで選別する事ができ、社員食堂のデザイン設計から調理メニューまですべてを自分たちの好みで選ぶ事ができます。

また社員食堂をみずから設置することで、企業としてのイメージアップにもつながり、就職活動中の人々に対するアピールにもなるほか、離職率も減少するという多くのメリットがあります。

社員食堂を直営で導入するデメリット

直営で運営するにあたり、大前提として社員食堂のスペースを確保しなければならず、莫大な設備投資がかかります。

また設置後も調理師や栄養士達への給料を払わなければならず、ガス代や電気代といった光熱費も常にかかるため、資本に余裕のある大企業でなければ現実的に難しい場合が多くなってしまいます。

また、社員食堂を設置しても実際に利用する比率はおおよそ全体の半分程度といったところなので、場合によっては多くの赤字の原因ともなってしまいます。

社員食堂は外部委託が主流に

社員食堂の導入は外部委託が主流になってきています。ここでは外部委託する際のメリットとポイントを説明します。

社員食堂を外部委託するメリット

上記のように、社員食堂をみずから運営するには相応の導入コストとランニングコストがかかってしまいます。

その点、調理スタッフをみずから選んだりする必要がなく、メニューや材料もすべて外部に委託してまかせてしまうことで、大幅なコストカットと運営の手間を省くことができます。

ビュッフェ形式にして人件費を減らすこともできますし、弁当形式にして出来合いのものを届けてもらえば大幅に費用を減らすことができます。

万が一評判が悪かった場合は、別に委託業者に切り替えることもできるので、多大なリスクを背負う必要がないのも大きな利点です。

外部委託業者を選ぶポイント

非常に人気になっている社員食堂の外部委託ですが、現在実に多くの業者が委託業務サービスをおこなっているため、適切な業者を見極めて選ぶことが大切となります。

2020年コロナによる外での飲食サービスに対する警戒もあることから、衛生面には特に気を使う必要がありますし、何より美味しくなければ社員が利用してくれなくなってしまうので意味がなくなってしまいます。

社員の健康面を考えて栄養バランスが偏っていない食事を出してくれる業者を選択する必要があり、社員にとっては食事代を安く済ませられることが一番のメリットなので、適切な値段である必要があります。

まとめ

社員食堂の運営方式と、それぞれのメリット、デメリットを紹介していきました。

直営方式はすべての運営を自分で管理できるというメリットがありますが、膨大なコストがかかってしまうため、多くの企業が導入にあたって二の足を踏んでしまうという現状もあります。

現在は非常にサービスの質の良い社員食堂の委託業者が多数あるので、コスト面で悩んでいる方はまずは委託業者と相談してみることをお勧めします!