日々忙しく働く会社員において、社員食堂は一種のオアシスとして機能しています。安くて美味しい多彩なメニューが用意されている社員食堂ですが、多くの企業では、いったいくら位が一食の相場となっているのでしょう?今回は社員食堂の値段をテーマにして掘り下げていこうと思います。

社食のタイプ別の平均値段を紹介

社員食堂には、大きく分けて

・カフェテリア形式

・デリバリー・ケータリング形式

・設置型形式

という、3つの形式が採用されています。それぞれの値段を比べてみてみましょう。

関連記事



カフェテリア形式はGoogleや楽天のような大企業が採用していることが多く、この2社については価格もなんと無料と太っ腹!無料でないところでも、平均価格300円〜500円くらいの価格が一般的であり、ワンコインで済む価格設定が魅力となっています。

デリバリー・ケータリング形式はあらかじめお店で作ったものを配達する弁当の出前のような形式であり、こちらも平均330円〜500円とお買い得。企業からしても社内で調理をおこなわないので、カフェテリア形式に比べて安く済ませることができるというメリットもあります。

最後の設置型形式は比較的新しい社員食堂のサービスであり、こちらは調理スペースも飲食スペースも持たない、惣菜などを販売するだけの形式となっています。価格はご飯やおかずが一品につき100円ずつくらい、一食分として考えると合わせて平均価格300〜500円の値段で販売しているところが多いようです。

 

社員食堂と外食の価格比較~どちらが高い?~

以上から、社員食堂で食べると一食につきだいたい平均価格300円〜500円くらいで済むことが分かりました。

それでは社員食堂を使っていないサラリーマンが、一回ランチに使う値段はいくらくらいになるのでしょうか。
まず外食の場合ですが、牛丼やハンバーガー、ラーメン屋さんなら400円〜800円ほどで済みますが、それなりのランチとなると1,000円以上を超えてしまうことがほとんどです。
コンビニでお弁当やお茶を買って済ませる人も多いですが、こちらの場合弁当だけで400円〜600円、これに飲み物を合わせると+100円〜150円追加となりますし、最近は弁当の量が少なくなったこともあり、追加でおにぎりやカップラーメン、お菓子を購入すると、だいたい1,000円位の値段になってしまい、どうしても高くついてしまいます。

一方で社員食堂が備え付けられている会社に勤めていても、節約のために自分で弁当を作って持参している人も女性を中心に相当数いて、こちらはだいたい100円〜300円くらいの材料費で作ることが多いようです。

サラリーマン全体のランチ代を平均してみると、男性が555円、女性が581円と、ワンコインより少し高いくらいのお金を一食に使っていることが分かります。

社員食堂の価格について

多くの場合ワンコイン以下で食べることのできるお得な社員食堂のランチですが、なぜそんなに価格設定を安くできているのでしょうか?

安さの理由として、企業が福利厚生の一環としてランチの代金を一部負担しているからということが挙げられます。社員が毎日コンビニ弁当や外食続きで身体を壊してしまったら大きな損失となるので、社員食堂のメニューで栄養バランスを維持してくれることが運営の大きな目的であり、儲けがでなくても設置することで企業にもメリットがあるわけです。

また、社員食堂を運営することで社員のモチベーション、満足率が上がり離職率が減るというデータも出ているほか、対外的なアピールとしても大きな役割を果たしています。取引先から喜ばれたり、就職活動、転職活動をおこなっている人間からの評価も大きく上がるという、まさに一石二鳥、三鳥のメリットも存在しています。

会社の一部負担以外にも、紹介してきたようにカフェテリア形式ではなく、業者に委託するデリバリー・ケータリング形式や設置型形式の社員食堂を採用することによって、材料費や光熱費、家賃に人件費といったコストを抑えて低価格を実現しているという方法も、現在では多く取り入れられています。

まとめ

不況によるランチ代金の節約とコロナウイルスによる外食への不振も重なって、2020年以降自社に社員食堂を求める声が増加してきています。
とはいってもきちんとした社員食堂を設置するには大規模な設備投資と運営費用が必要であり、現実問題として二の足を踏んでいる企業が多いのも事実です。

そうした観点から、現在ではデリバリー・ケータリング形式や設置型形式のような業者委託形式のランチサービスが人気を集めていて、またそれに伴いサービスの質も上がっています。もし自社に社員食堂を、と考えている企業は、一度業者に相談してみると良いでしょう。