「社員食堂」とは、福利厚生の一環として、会社で働く従業員が食事をするために設備された食堂のこと。
社員の健康管理も重視されるようになった近年では、社員食堂を導入する企業が増えています。
以前とは違い、まるでカフェのようなおしゃれな雰囲気や豊富なメニューを取り揃えるなど、多様な形態が登場している社員食堂は、さまざまなメリットがあります、

そこでこの記事では、企業側と社員側、それぞれの視点から見た、社員食堂を導入するメリットを解説いたします。

 

 

社員食堂を導入するメリット〜企業側〜

 

社員食堂に力を入れる企業が増えている近年、確認しておきたいのが、導入する場合についてのメリットです。

まずは、企業側から見た社員食堂のメリットから見ていきましょう。

 

 福利厚生の充実による社員の満足度アップ

 

福利厚生が充実しているところは、社員にとって働きやすく生活しやすい環境が整っている企業であり、社員の満足度もアップします。

食の福利厚生の一環である社員食堂は、一般的に外食で食事を摂るのと比較すると単価が安いため、お金の節約にもつながるでしょう。

安い値段で手軽に食事が取れる環境を整えるのは、社員の経済的な負担を減少して生活を豊かにするための重要なポイントでもあります。

 

社員同士のコミュニケーションのアップ

 

社員同士が一緒に食事を摂る社員食堂があれば、コミュニケーションの活性化にもつながります。

特に大企業の場合は、部署が違えば顔を合わせる機会がなく、会話をすることもほとんどないでしょう。

しかし、社員食堂ではいろいろな部署の社員と交流ができ、オフィスとは違って、プライベートの話題なども気軽に話し合える雰囲気があります。

その結果、コミュニケーションが活性化されて信頼関係も築けるため、チームワークの向上、さらには、仕事の効率化にもつながるでしょう。

 

社員の健康維持につながる

 

社員食堂では、忙しい時でも栄養バランスが考えられた食事が摂れるため、社員の健康維持につながります。

仕事への集中力ややる気は食事とも大きな関係があり、健康に良い食事を摂るのは、ストレスに強い精神力を作る効果もあります。

特に、一人暮らしの社員は、インスタント食品ばかりで不摂生が続くことが比較的に多いため、健康状態の悪化により、生産性が低下する可能性も少なくありません。

さらに、社員が病気にかかれば、企業の医療費の負担が増えてしまいます。

社員食堂を導入して健康的なメニューを提供すれば、体調不良による離職なども避けられます。

 

雇用促進と離職率の低下につながる

 

安い値段で食事ができる環境、外に出なくても手軽に食事が摂れる環境は、仕事の効率化にもなりモチベーションも向上するため、社員の定着率アップにつながります。

従業員や家族の福利を充実させるための制度である福利厚生は、会社を選ぶ際の大きなポイント。

社員食堂を導入している企業というのは、食に対する福利厚生が充実していると考えられます。

食の分野にも重視するなど手厚い福利厚生は、外部への大きなアピールポイントとなり、優秀な社員の獲得にもつながるでしょう。

 

企業価値のアップ

 

社員食堂は、社員の満足度や雇用促進、定着率を向上させる効果があることから、企業のイメージアップにつながります。

福利厚生への意識を高めて、社員食堂を導入できる体制、さらに、魅力のある社員食堂にすることは企業自体の価値を上げ、社会的なイメージアップが図れるでしょう。

実際に、社員食堂によりブランドのイメージアップに成功した企業もたくさんあり、多くのメディアに取り上げられ知名度を上げています。

 

社員食堂を導入するメリット〜社員側〜

 

社員食堂の導入は、社員側から見てもさまざまなメリットがあります。

 

食費の節約につながる

 

一番のメリットは、食費の節約につながるという点。

社員食堂のメニューの多くは500円以下。外食をする場合は、たとえランチでも1,000円近くかかりますが、社員食堂であれば半額以下の値段で食事が摂れます。

食費というのは家計の支出の中でも大きな割合を占めているため、できれば安く抑えたいと多くの人が考えています。

安い値段で食べられる社員食堂は、社員にとって重要なニーズと言えるでしょう。

 

時間の有効活用につながる

 

休憩時間は社員にとって貴重な時間、社員食堂があれば外出する必要がないため、時間が有効に使えます。

多くの人は、食事にできるだけ時間をかけずに、ゆっくりしたり昼寝の時間に充てたりしたいと思っています。

中には、仕事が忙しいためゆっくりと食事をする時間がない、という人もいるでしょう。

社員食堂があれば、外出したりお店を探したりする必要はありません。

移動時間などの無駄な時間を減らして休憩時間を確保できるため、有意義に過ごせます。

 

他の社員とつながる機会になる

 

さまざまな部署の社員と一緒に食事が摂れる社員食堂は、コミュニケーションの機会になります。

関わりがない社員同士でも、社員食堂で席が近くなれば、自然と会話やコミュニケーションのきっかけができるでしょう。

食事を摂りながらの会話は肩肘はらずに気軽にできるため、信頼関係を築くチャンスでもあります。

また、新しいアイデアが出たり、アドバイスを受けられたりするなど、仕事の効率化につながるメリットもあります。

 

栄養面で安心が持て健康維持につながる

 

栄養バランスに優れたメニューが食べられる社員食堂は、健康維持につながります。

忙しい現代人は、コンビニ食やインスタント食で済ませる人も少なくありません。

しかし、栄養バランスが偏った不摂生な食生活は、不健康になるリスクが高まり、業務のパフォーマンスを下げてしまいます。

良い仕事をするためには、健康な身体作りがとても大切、栄養面で安心が持てるバランスが取れた食生活は、健康維持には欠かせません。

 

まとめ

 

社員食堂は、企業側にとっても社員側にとっても多くのメリットがあり、ぜひ導入したい福利厚生の一つです。

「食」は、健康維持はもちろん、業務の効率化を計るためにもとても重要、社員食堂は、企業と社員、お互いの満足度を向上させてくれます。

 

社員食堂を導入しようと考えている企業はまず外部委託会社に相談してみてください。

きっとその企業のニーズにあった社員食堂を提案してくれるはずです。