心身共に健康な状態で仕事をするためには、栄養バランスの整った食事に気を使うことはとても大切。
ただ、頭では理解していても、忙しく仕事をしているとついおろそかになり、偏った食生活になりがちです。
でも、社員食堂があれば、栄養バランスが整った食事を摂ることができ、社員の健康はもちろん、仕事の効率化などのさまざまなメリットが得られます。

そこでこの記事では、栄養面と栄養面以外の視点から見た、社員食堂の導入で得られるメリットを詳しく解説いたします。

 

社員食堂を導入して栄養バランスを見直そう

 

企業にとって、社員の健康管理はとても大切であり、健康に大きく影響する食事は注目されているポイントの一つ。

心身共に健康な身体を保つことは、仕事の効率化や医療費の軽減にもつながるため、福利厚生の一環である「社員食堂」を導入する企業が増えています。

社員食堂は、栄養バランスが整った食事が手軽に食べられるシステム。

まずは、社員食堂がもたらす栄養面の効果についてご紹介します。

 

栄養バランスがいい

 

社員食堂で食べられるのは、栄養士によってカロリー計算や栄養バランスが計算された、健康を考えたメニューです。

そのため、コンビニや外食とは違い、栄養が偏る心配がありません。

また、多くの社員食堂では、カロリーや糖質、塩分などの表示がされているため、体調に合わせて選択できるところもメリットです。

それぞれの栄養素が十分に働くことができる栄養バランスが整った食事は、健康を維持する上でとても重要です。

定食方式だと野菜がついてくる

 

社員食堂の多くは、主菜や副菜などがセットになった定食方式で提供されるため、野菜もしっかりと摂取できます。

手軽に食べられるラーメン、丼物などの外食は、野菜がほとんど摂れません。

定食方式のメニューであれば、自然と野菜も摂取できるため、特に意識をしなくても栄養バランスが保てます。

 

コンビニ・外食より塩分が控えめ

 

健康を考えた味付けをしている社員食堂は、コンビニや外食よりも塩分が控えめ。

塩分の摂りすぎは、高血圧や体重増加など、さまざまな病気のリスクを高める原因にもなります。

塩分控えめの食事を摂っていれば、健康を保てる味付けが自然と身に付けられるでしょう。

 

社員食堂のメニューの栄養情報を活用しよう

 

社員食堂のメニューの栄養情報は、社員の健康に対する意識を高めるために、上手く活用することをおすすめします。

社員食堂で提供されているのは、健康を考えた栄養バランスが整った理想的な食事です。

例えば、メニューに、カロリーや塩分などの成分表示と合わせて、食事や食材に含まれている栄養素の効果(疲労回復に効果があるビタミンB1が豊富、など)も表示してみましょう。

その時の体調に合わせて自然と意識が向き、健康維持に対する知識が身に付くはずです。

社員にとっては、健康意識を高めて健康が保てるメリットがあり、企業側にとっても、社員満足度や企業価値がアップするなど、実にさまざまなメリットがあります。

 

社員食堂の導入で得られる栄養面以外のメリット

 

社員食堂の導入で得られるメリットは、栄養面だけではありません。

栄養面以外の、さまざまなメリットについて見ていきましょう。

 

ダイエットにも繋がる

 

栄養バランスのよいカロリー計算もされた食事は、ダイエットにも繋がります。

肥満は、生活習慣病など、さまざまな病気を引き起こす大きな原因の一つ。

ダイエットができて健康な身体が保てれば、病気にかかるリスクも下がるため、医療費の軽減にも繋がるでしょう。

 

関連記事

 

社員の健康管理

 

企業にとって、社員の健康管理を重視するのはとても大切なこと。

健康に大きく影響する、日々の食事が提供できる社員食堂を導入すれば、栄養バランスが整った身体に良い食事が毎日摂れます。

偏りがちな食生活も改善されて、病気にかかりにくい健康な身体作りが目指せるでしょう。

体調不良による離職を防いで、企業のイメージアップにも繋がります。

 

時間の確保による生産性の向上

 

社員食堂があれば、移動にかかる時間が少なくなる分、時間が確保できます。

その結果、時間が有効に使えるようになり、生産性の向上にも繋がるでしょう。

休憩時間は、気分転換をしてリフレッシュができる、社員にとって貴重な時間です。

忙しい仕事をしている場合は特に、時間をかけずに食事ができる社員食堂は、貴重な時間を有意義に過ごすためにはとても有効です。

 

社員同士のコミュニケーションの拡大

 

社員が一緒に食事を摂る社員食堂は、社員同士のコミュニケーションの拡大にも繋がります。

普段接することがない社員とも、交流の場を設けることができるでしょう。

オフィスとは離れた社員食堂では、リラックスをして気軽に会話ができる雰囲気もあり、お互いに信頼関係が築けやすい、というメリットもあります。

 

まとめ

 

企業にとって、社員の健康を考えた快適に働ける環境を作ることはとても大切。

栄養士が考えた、栄養バランスが整った食事を提供できる社員食堂は、社員の健康管理を重視するためにはとても有効です。

社員一人一人の健康に対する意識の向上にも繋がり、ダイエットはもちろん、自然と健康的な生活が身に付くでしょう。

また、生産性の向上や社員同士のコミュニケーションの拡大など、栄養面以外のメリットもたくさんあります。

社員食堂は、社員の満足度も高い福利厚生の一環です。

栄養バランスを整えた食事の提供で、社員にとって働きやすいより良い環境を作るためにも、社員食堂の導入をぜひ検討してみましょう。