社員食堂を廃止にしないメリットとは

 

社員食堂は福利厚生でもトップクラスの人気に入り、社員から見て大変魅力的なものですが、運営を維持することに大変お金がかかるという面もあります。

しかし、社員食堂を廃止しないで続けることで、大きなメリットがあることも事実です。ここではそれを見ていきましょう。

福利厚生の充実による社員の満足度

福利厚生の中でも、社員食堂は住宅手当と同等に人気のあるものとなっています。

その中でも特に、全社員が平等に利用することのできる社員食堂は重要だと言えます。

その社員食堂が廃止されてしまえば、その企業の社員の満足度は大きく下がってしまいますので社員の離職率が高くなり、新卒、中途にかかわらず会社に入ってくる人も少なくなってしまい、企業にとって大きな打撃となります。

それに加えて対外的なイメージも悪くなってしまうので、福利厚生のひとつとして残しておくべきだと言えるでしょう。

社員の健康管理

現在は健康経営という、企業の経営方針に労働力である社員の健康も考えようという考え方が広まっています。

企業が社員食堂を運営しているメインの理由のひとつとして、社員食堂による社員の健康管理が挙げられます。

コンビニや外食店の食事というのは通常塩分が高く、カロリーも高めな傾向にありますが、社員食堂はコンビニや外食と違って栄養士が考えた、栄養バランスの良い食事がたくさん用意されています。

そして社員食堂は全社員が利用することができるので、社員食堂があるだけで、企業全体の栄養を管理できるので、企業にとっても、社員食堂を廃止しないで残す、またはメニューなどを改善していった方がメリットがあるわけです。

社員同士のコミュニケーション向上の場

社員食堂の大きな運営する意味の一つは、社員食堂がコミュニケーションの場所として使えることです。

先ほどの健康経営と同じで、社員食堂はすべての人が集まるところにその理由があります。

外食やコンビニの場合、働いている全社員が集まることはまずないと思いますが、社員食堂ならいろんな人が一同に介します。そこにいろんな社員が集まることで、忙しくても集まれる場所になり、普段なかなか話せない話題でも話すことができます。

また、同じ部署だけでなく、業種の違う人や立場の違う人とも話せるチャンスもあるのも魅力です。

それによっていつもの自分では思いつかないアイデアが思いついたり、自分をより俯瞰的に見ることができるようになります。

また企業全体が円滑になり、ムードがアップして全体の生産性が上がるというメリットもあるでしょう。

社員の時間の確保や節約につながる

忙しいサラリーマンの中には、日常中々ランチタイムに食事を取れないことがあります。

コンビニや外食のために外にでて帰ってくるのは、とても時間がかかってしまうものです。
そのため食事時間がどうしても短くなってしまい、結果食べなかったり簡単な食事で済ませがちになってしまいます。

しかし、社員食堂は会社内にある食堂です。移動する手間を最小限にして食事を食べることができるので足を運びやすくなります。

ゆっくりと食事を楽しむこともできるので、気持ちをリフレッシュできる部分も嬉しいです。

 

社員食堂で廃止して改善するべきことは

社員食堂を存続させるためにも、メニューやインテリアなど、改善したい部分があると思います。

ここでは、それ以外の要素、食券の廃止と食品ロスについて見ていこうと思います。

食券の廃止

食券を廃止し、電子カードやスマートフォン、また社員証などで払うシステムを導入することで、利用者の手間が省けたり経理の簡略化につながります。

筐体の大きい食券を使い続けることはスペースの面に置いてもデメリットですし、食券の廃止はエコロジーの面に置いても環境をよくします。

食品ロス

食品ロスはとても大きなコストカットにつながります。そして、現在8割以上の企業がフードロスをおこなっているといわれます。

そして、その理由でもっとも大きかったのが、コスト削減であり、78.8%にもおよぶ企業が理由として答えています。

社員食堂経営においても、フードロスの問題は非常に重大だと言えるでしょう。

まとめ

社員食堂を実際には廃止しない方がいい理由を見てきました。

しかし、現在どの企業も資金的に困っている状況であり、社員食堂の運営をしたくてもコスト面において厳しいというところもたくさんあるでしょう。

最近では、委託業務で社員食堂を経営することのできる業者がたくさん増えてきています。

委託業者は多数あるので、今回紹介したメリットを実現することも可能です。

もし社員食堂を導入してみたいと考えている企業は、まずは委託業者に相談してみることをおすすめします。