社員食堂とは、企業が福利厚生の一環として設置する、社員の健康増進を目的とする食堂のこと。リーズナブルな値段で栄養バランス抜群の食事がとれることが特徴です。

社員食堂では、調理師や調理補助・栄養士・スタッフなどさまざまな役割の人たちが働いています。

その中で最も大きな人数を占めるのがパート。パートの仕事内容とはどのようなものなのでしょうか?

今回は社員食堂で働く人の種類や、パートが受け持つ仕事の範囲、パートの仕事の大変さややりがいなどについて詳しくお伝えします。

社員食堂で働く人


社員食堂には調理師・調理補助・栄養士・スタッフなどさまざまな人が働いています。以下で、それぞれ詳しくご紹介します。

調理師


調理師の仕事は料理を作ることです。調理・盛り付けを主に担当します。他にも、新メニューの考案や食材の仕入れ、衛生管理なども受け持つことがあります。

調理補助スタッフ


調理補助はパートが受け持つことが多いです。ご飯を炊いたり味噌汁を作ったり、肉や野菜をカットして炒めたり揚げたり、さらに盛り付けなども行います。

またレジ打ちやホール側の清掃、洗浄、バイキング形式などの際の配膳なども調理補助のスタッフが行うことが多いのでマルチタスクが必要となります。

栄養士



栄養士は献立作成・栄養計算などを主におこないます。健康的で美味しく飽きのこない献立を考案するのが仕事です。
社員食堂は、健康増進法・労働基準法により栄養士の配置に努めるように定められています。事業所給食のため、一回500食以上、1日1500食以上の場合、栄養士のうちの一人は管理栄養士でなければなりません。

 

社員食堂のパートの仕事内容とは


社員食堂で働く人は正社員とパートに分かれています。パートの多くは女性で、その数は全体の9割と全体の大部分を占めるとか。以下で社員食堂のパートの仕事内容について説明します。

接客


パートは慣れるまでは主に接客を担当します。接客は仕事の流れを把握するためにとても大切な仕事です。テーブルや椅子の清掃や整頓もおこないます。

盛り付け


来店されたお客様へのあいさつができるようになったら、食事の簡単な盛り付けを担当します。

調理補助


その後は調理補助を請け負います。野菜や肉を切る・米を炊く・食材を炒める・焼く・揚げるなどの工程をメニューにそって実施します。

供食

社員に食事を提供するのもパートの仕事です。定食方式・カフェテリア方式・フードコート方式など供食形態にそって食事を提供します。

食器洗い


食器洗いもパートが担当する仕事です。次から次へと運ばれてくる汚れものを手洗いしたり、食洗機に入れる前の食器の余洗いや出し入れ、棚に戻すなどを行います。

清掃業務


社員食堂内の清掃をパートが担当することもあります。清掃もとても大事な仕事です。徹底した清掃をおこない、社員食堂を常に清潔に保たなければなりません。企業によっては別で清掃業者を雇うこともあります。

都給食では…

都給食では独自のシステムにより、ほとんどの店舗がパートスタッフさんのみで運営しています!

本社工場ではお野菜やお肉、お魚の下処理をしたり、調味料を調合してタレを作っています。その加工済みの食材を店舗にお届けし、現地のスタッフさんは「混ぜる・揚げる・焼く」等の最終工程の調理をやっていただきます!また500種類ほどあるメニューにはひとつひとつ分かりすいレシピがあるので、それ見ながら作っていただきます。

「下処理済みの食材」と「レシピによる調理」この2つの仕組みで、都給食は未経験のパートさんでも安心してお仕事できるようになっています!

社員食堂のパートで気をつけないといけないところは?


社員食堂のパートの仕事の留意点について、以下で詳しくお伝えします。
どのような仕事も大変なことはありますが、社員食堂のパートも同様です。

身だしなみや衛生管理をきちんとする

社員食堂は食事を提供する場なので清潔感が何よりも重要です。身だしなみを整え、衛生管理をきちんとしなければなりません。具体的には毎日洗髪し、長い髪は結びます。無精ひげも不衛生な雰囲気にならないように剃りましょう。

厨房従事者は全員、アクセサリーや装飾品をすべて外すのはもちろん、爪は細菌がたまりやすい場所なので常に短くし、マニキュアは原則禁止です。料理の美味しい匂いをじゃまするような香りにも気を付けなければなりません。

具体的には香料が強い化粧品や香水・タバコの臭いがしないように配慮します。ユニホームは清潔に保ち、汚れがひどくなったらクリーニングに出さなければなりません。

お昼の時間がとても忙しい・スピードが必要

社員食堂ではお昼のピーク時は目が回る忙しさとなります。会社が一斉にお昼休憩をとるため、食堂内がまさに戦場と化すからです。
一度に従業員の方が来られるので体力的にきついと感じることもあるかもしれません。
そんな時でもパニックにならず、全体の流れをしっかり把握して的確に動かなければならないため、ある程度の体力や対応力は必要です。

社員食堂の仕事のやりがい

社員食堂での仕事は大変な面もありますが、その反面やりがいも大きい仕事です。

こちらでは社員食堂の仕事のやりがいを紹介します。

多くの人とコミュニケーションが取れる

まず多くの従業員とコミュニケーションがとれて人とのつながりが持てる職場です。コミュニケーション能力がある人や世話好きな人は社員食堂の仕事に向いています。

社員の方との対話の中でどんなメニューが人気があるのか?改善する際のアイデアなどが聞けるかもしれません。

お客様の声をダイレクトに聞ける

次に社員から「美味しかった」「ごちそうさま」「ありがとう」などの言葉をかけてもらえる機会が多い仕事です。感謝の言葉をダイレクトに受けられるため、やりがいを感じられるでしょう。その言葉が仕事へのモチベーションに繋がるのは言うまでもありません。

調理や食材について学べる

社員食堂の調理補助を通して、食材の使い方・切り方・火の通し方や調味料の使い方など、普段とは違った観点で料理を学べるのも社員食堂の仕事の魅力です。

また社員食堂は近年ヘルシーメニューに力を入れています。パートとして調理補助を手伝えば健康的な料理の勉強もできるでしょう。「料理が好き」という方は社員食堂の仕事に向いているのではないでしょうか。

都給食では…

都給食では500種類以上のメニューのレシピがあります!

その中には唐揚げ、親子丼、焼き魚等の定番メニューから、魯肉飯(ルーローハン)や参鶏湯(サムゲタン)等の多国籍メニュー、お肉の代わりに大豆ミートを使用したヘルシーメニューなど、様々なメニューがあります!もともとお料理が得意な方も、お料理初心者の方も「都給食で働いて、レシピのレパートリーが増えた!」と喜んでくれています!

 

 

まとめ


社員食堂のパートの仕事内容についてご紹介しました。お昼のピーク時が忙しく体力が必要となる仕事ですが、反面やりがいも多い仕事です。

多くの方とコミュニケーションが取れることは人と人の繋がりが持てることに加えて自己成長の場ともなります。

また調理補助をすることで食に対する学びや、技術面でも成長できますので職場として検討してみてはいかがでしょうか。

そんな働きがいのある社員食堂ですが、導入コストがかかるのが難点です。最近は社員食堂を運営・管理してくれる外部委託業者もいるため、相談してみるのも一つの手です。

都給食からのお知らせ

そんな(株)都給食のお仕事に少しでも興味を持って頂けたら、
是非下記のURLから求人サイトを見てみてください!

京都、大阪、滋賀、奈良など各地域の求人が掲載されています!
気になる求人があれば求人サイトからご応募いただくか、採用担当宛にお電話ください!

(株)都給食 求人サイト

採用担当連絡先 0120-02-6003(フリーダイヤル)
繋がらない場合は0774-53-6009