社員食堂では栄養士や調理師以外に、調理補助と呼ばれる人も働いています。
調理補助とはその名の通り社員食堂などで栄養士や調理師のサポートをする人のことで、盛り付けや洗い物、清掃などが主な仕事です。

調理師と違って調理師免許不要なので、未経験からでも始められる比較的ハードルの低い仕事です。料理や盛り付けが好きなら「調理補助の仕事に興味がある」「調理補助を仕事にしたい」と考える人もいるのではないでしょうか?

しかし実は調理補助の業務範囲は多岐に渡っており、向き・不向きもあります。

そこで今回は調理補助の仕事内容や向いている人、やりがいについてお伝えしていきます。

調理補助の仕事とは?

「調理補助」とは栄養士や調理師がスムーズに業務をおこなえるように、調理に関するさまざまな作業をサポートする仕事です。

具体的には調理器具やお皿の準備、食材の在庫管理や洗浄・仕込み、完成した料理の盛り付け、会計、調理場の片付けや清掃などが業務内容です。

調理補助の仕事はチームでおこない、栄養士が考えたメニューを調理師の指示のもとに進めていきます。職場にもよりますが、ほとんどは特別な技能や資格を必要としません。働きながら知識や技術を習得します。

調理補助の仕事に向いている人とは?

無資格でも始めやすい調理補助の仕事ですが、実は向き・不向きがあります。以下でどのような人が調理補助に向いているのか見ていきましょう。

最初はできなくても数カ月~半年で体力がついてきたり正確な作業に慣れてきたりする場合が多いので、下記の特徴に当てはまらなくても興味があれば挑戦してみることをおすすめします。

料理が好きな人

調理補助の仕事は料理全般なので、当たり前ですが料理が好きな人が向いています。調理師の仕事を目の前で見られて下ごしらえの方法やちょうど良い火入れなどを学べるので、メリットが多いのではないでしょうか?

また要件を満たせば調理師試験の受験資格も得られます。将来は調理師として活躍したいと考えている人にとっても取り組みがいがある仕事です。

正確に作業ができる人

調理補助は栄養士が決めたレシピ通りに食材や調味料をきちんと計量し、決められた分だけ料理を作らなければなりません。社員食堂は社員の健康をサポートするという目的があるため、カロリーや塩分量が適切でなければならないからです。そのため正確に作業ができる人や指示された内容を的確にこなせる人が向いています。

また決められた時間に間に合うように、段取り良く料理を完成させる必要があります。細かい作業が苦手な人や集中力がない人は調理補助にあまり向いていないかもしれません。大規模な施設であればあるほど、正確さと手際の良さが求められる点に注意しましょう。

チームで作業ができる人

他の従業員と連携して作業ができる人も調理補助に向いています。調理補助は単純作業を淡々とこなすイメージがありますが、複数の献立を同時進行で作ることが多いためコミュニケーションスキルが必須だからです。

栄養士や調理師の指示をきちんと理解して実行するのはもちろん、チーム内で適切なコミュニケーションを取って業務を円滑に進めていかなければなりません。

衛生管理の意識が高い人


衛生管理の意識が強い人も調理補助に向いています。食事を安心・安全に食べてもらうためには、衛生管理に気を配ることが不可欠だからです。

自身の身だしなみはつめや髪を整え、マスクや手袋・エプロン・帽子などを装着し、手洗いを徹底します。

調理では食材を十分に加熱し、料理の中心温度を測るなどの作業もおこないます。少しのミスが食中毒などの大事故につながるので、注意しなければなりません。

臨機応変に行動できる人


調理補助には臨機応変な行動力も求められます。社員食堂では体調不良でスタッフが欠席したり、調理中に怪我をしたスタッフが早退したり、食材供給の関係で献立が変更になったりするなどしばしばイレギュラーなことが起こるもの。そんな時も慌てずに調理の準備や補助に取りかかれるような人が調理補助に向いています。


また調理補助の仕事は効率が大事なので、たとえば食材をカットしながら鍋のアクを取るなど別々の仕事を同時にこなす能力も必要です。一つの仕事だけに注力すると、全体的な流れが滞ってしまうからです。

さらに社員食堂のランチタイムはたくさんのお客さんが押し寄せるので、大量の仕事を割り振られても冷静に対応できる人が調理補助に向いています。

調理補助の仕事のやりがい

調理師の仕事のやりがいは

  1. 美味しかったと喜んでもらえる
  2. 料理のレパートリーが増える
  3. 調理の腕が上がる
  4. チームの仲間と仲良くなれる

の4つです。
以下でそれぞれについて詳しく解説していきます。

美味しかったと喜んでもらえる

調理補助のやりがいは、自分が作った料理の感想を直接お客さんからもらえることです。お客さんに「美味しかった」「午後からも頑張れるよ。ありがとう」と言ってもらえたら、「また明日も頑張ろう」と高いモチベーションを保てるでしょう。

料理のレパートリーが増える

調理補助は調理師の指示で料理をするので、相性がいい食材の組み合わせやプロならではの味付けを学べます。料理のレパートリーが増えるので、家族に今までとは違った料理をふるまうこともできます。

調理の腕があがる

毎日食材のカットや料理の盛り付けをおこなうことで、どんどん調理の腕がアップして段取りも良くなります。たとえアルバイトやパートでも必要な実務経験を積めば調理師の受験資格が得られるので、将来的にステップアップできる仕事です。

チームの仲間と親しくなれる

調理補助はチームワークなので、仲間と和気あいあいと仕事ができるのもメリットです。チームワークを向上させることで、今までできなかった大きな仕事も達成できます。長く一緒に働くことで気持ちが通じ合い、プライベートでも交流を持てる友人ができるかもしれません。

まとめ

調理補助の仕事内容や向いている人、やりがいについてお伝えしました。調理補助は調理経験が浅くても挑戦しやすい仕事で、将来的に調理師を目指すこともできます。

調理補助に向いているのは、料理が好きな人、正確に作業ができる人、チームで作業ができる人、衛生管理の意識が高い人、臨機応変に行動できる人です。これらの適正がなくても、仕事に慣れることで適応できるのでやる気があればぜひチャレンジしてみることをおすすめします。

 都給食では、調理補助ではなく実際に調理業務も行いますが、下処理済みの食材やすべてのメニューに詳細なレシピがありますので、資格がなくてもできますし、未経験から始められる方ごほとんどです。

さまざまな献立作りをおこなうため、料理の勉強にもなります。

都給食では

都給食では独自のシステムにより、ほとんどの店舗がパートスタッフさんのみで運営しています!

本社工場ではお野菜やお肉、お魚の下処理をしたり、調味料を調合してタレを作っています。その加工済みの食材を店舗にお届けし、現地のスタッフさんは「混ぜる・揚げる・焼く」等の最終工程の調理をやっていただきます!また500種類ほどあるメニューにはひとつひとつ分かりすいレシピがあるので、それ見ながら作っていただきます。

「下処理済みの食材」と「レシピによる調理」この2つの仕組みで、都給食は未経験のパートさんでも安心してお仕事できるようになっています!