「社員食堂」とは、従業員が食事をするための、福利厚生の一環として設置された食堂のこと。
近年は、従業員の健康管理も戦略的に実施をして生産性を向上させる「健康経営」が注目されていることからも、社員食堂を導入する企業が増加しています。
食事がおろそかになると、生活習慣病にかかるリスクが高くなり、その結果、休職や退職による生産性の低下につながりかねません。
従業員の健康維持に役立つ最適な方法として、社員食堂が必要とされているのです。

そこでこの記事では、社員食堂の必要性や、注目の健康経営に社員食堂が必要な理由などについて、詳しくご説明いたします。

 

社員食堂が必要な理由とは

 

企業にとっての福利厚生の一環である社員食堂は、導入することで実に多くのメリットがあります。

社員食堂の必要性について、詳しく見ていきましょう。

 

福利厚生として必要

 

社員食堂は、福利厚生が充実していることをアピールするためにも必要。

社員食堂を導入している企業は、食に対する福利厚生が充実している、ということがよくわかります。

福利厚生は、企業が従業員や家族に提供する、健康や生活、福祉の向上のために行うさまざまな取り組み。

福利厚生が充実しているかそうでないかは、求職者にとって会社を選ぶ際の大きな基準の一つでもあります。

福利厚生が充実している企業は、従業員にとって働きやすい環境が整っているところであり、社員の満足度のアップはもちろん、優秀な社員を獲得するための採用力のアップにもつながるでしょう。

 

企業のブランディングに必要

 

社員食堂は、企業のイメージアップのための「ブランディング」としても必要。

独自のこだわりのある社員食堂を導入して、実際にブランディングに成功した企業が、多くのメディアでも取り上げられています。

健康を意識した魅力のある食事を提供する社員食堂を取り入れて、社会的なイメージアップを図る企業も少なくありません。

ブランディングに成功して企業のイメージが定着すれば、雇用促進や社員の定着率のアップにもつながるでしょう。

 

社員の健康維持に必要

 

社員食堂の一番の目的は、社員の健康管理をすること。

栄養バランスが考えられた食事が安い値段で食べられる社員食堂は、社員の健康維持に必要です。

忙しい時には、つい手軽に食べられるコンビニやインスタント食品を食べてしまいがちですが、不摂生な食生活が続けば、身体の健康だけでなく、精神面にも悪影響を与えてしまうでしょう。

栄養バランスの整った食事は、心身ともに健康な状態を維持するのにとても重要。

社員の健康維持ができれば、生産性が低下する心配がなく、医療費の負担の軽減にもつながります。

 

コミュニケーションの場として必要

 

社員食堂は、社員同士のコミュニケーションの場としても必要。

仕事中は、気軽に会話ができる時間もなく、部署が異なれば顔を合わせる機会もほとんどないため、コミュニケーションを取るのは簡単ではありません。

しかし、さまざまな部署の社員が集まる社員食堂があれば、自然とコミュニケーションが取れます。

オフィスとは違う、食事をする場である社員食堂では、違う部署の社員、さらに、上司や部下などの隔てがなく、気軽に会話ができるというメリットもあるでしょう。

信頼関係が深められる結果、社員同士の連帯感も生まれ、仕事の効率化や生産性の向上にもつながります。

 

健康経営の実現に必要

 

社員食堂は、健康経営を実現させるためには最も必要。

栄養バランスが考えられた食事を毎日食べていれば、意識しなくても自然と健康維持につながります。

ほとんどの社員食堂では、カロリー表示をしているため、体重管理にもつながるでしょう。

社員食堂を導入している企業は、福利厚生が充実していることがわかるため、企業のイメージアップにもつながります。

 

注目の健康経営に社員食堂が必要

 

現在、多くの企業で注目されている「健康経営」。

健康経営を実現させるためには、社員食堂の導入が必要です。

 

健康経営とは

 

「健康経営」とは、従業員の健康管理を経営的な視点で考慮して、戦略的に実践をすること。

企業が、従業員の健康に配慮して健康に対する投資をすることで、従業員の活力向上や生産性の向上を目指し、企業全体の業績向上を高める、という考え方であり、従業員の健康の問題やケガを事前に防ぐのを目的としています。

 

健康経営が必要な理由

 

健康経営は、企業にとっても大切な資産である従業員の、健康に関する問題を事前に防ぐために、健康面を気にせずに安心して働ける環境を作るために必要です。

病気やケガなどの健康面の問題が事前に防げれば、休職や離職などの事態につながる心配がありません。

安心安全に働ける環境であれば不満がないため、生産性も向上し離職率も下がるでしょう。

その結果、企業のイメージアップや業績の向上など、多くのメリットが得られます。

 

「食生活の改善に向けた取り組み」に社員食堂を

 

「食生活の改善に向けた取り組み」をするためには、社員食堂の導入がおすすめ。

経済産業省が中心となって推進している「健康経営優良法人」などの評価でも、「食生活の改善に向けた取り組み」は項目の一つであり、健康的な食事が摂れるような対策を取る必要があります。

社員食堂があれば、忙しくて食事がおろそかになりがちな従業員も、栄養バランスの摂れた食事がいつでも食べられます。

食事や体調面の心配をする必要がなく、安心して仕事に集中できるでしょう。

 

社員食堂のメニューを工夫して健康的に

 

多くの従業員に利用してもらい健康的な食生活を送ってもらうためには、メニューを工夫することも大切。

適正カロリーでも満足できるメニューや、野菜がたっぷり摂れるメニューは、健康維持のために最も工夫したいポイントです。

また、季節の旬の食材を使ったメニューや、季節の行事に合わせたメニューを取り入れるのも、飽きずに楽しみながら食事ができるおすすめの方法です。

メニューを工夫して、食事を楽しみながら健康的になれる社員食堂を作りましょう。

 

まとめ

 

 「社員食堂」は、従業員が食事をするために設置された、福利厚生の一環。

「健康経営」が注目されている中、社員食堂を導入する企業が増えています。

社員食堂の必要性は、福利厚生の充実・企業のブランディング・社員の健康維持・コミュニケーションの場・健康経営の実現など、多岐に渡っています。

健康経営に社員食堂を導入して、従業員が安心して働ける環境を作りましょう。