福利厚生の一環として、社員が食事をする場所として設置する「社員食堂」。
社員の健康管理ができるようになり、生産性の向上にもつながるなどの多くのメリットがあり、導入する企業が増えています。
豊富なメニューが揃っている社員食堂は、毎日利用しても飽きないところも特徴の一つ。
さらに、どのメニューも栄養バランスを考えて作られているため、安心して食べられます。

ここでは、社員の健康を考えた満足できるメニューを提供するためにも、社員食堂の人気メニューのカロリーや、カロリーを抑える工夫をご紹介いたします。

 

社員食堂の人気メニューのカロリー

 

幅広いメニューを提供している、毎日利用しても飽きずに食べられる「社員食堂」。

多くのメニューの中でも、人気が高いメニューとそのカロリーの目安をご紹介します。

 

カレー

 

カロリーの目安:600~700kcal

カレーは、社員食堂の定番メニューとして、トップにも上げられるメニュー。

日本の国民食でもあり、カレーが嫌いという人はまずいないでしょう。

学校の給食でも取り入れられ、子供から大人まで、年齢に関係なく人気があるメニューの一つです。

カレーは、玉ねぎや人参などの野菜、たんぱく質が豊富な肉が使用され、栄養バランスも整った料理。

簡単に食べられて腹持ちが良いところも、人気の理由の一つでしょう。

 

唐揚げ

 

カロリーの目安:1個あたり70~100kcal

唐揚げは、定食屋や居酒屋にも必ずある、食事としてもおつまみとしても人気のメニュー。

多くの唐揚げ専門店が存在し、唐揚げ専門のイベントなどが開催されていることからも、人気のほどが良くわかります。

また、コンビニのホットスナックのコーナーにも必ず並ぶ、手軽に食べられるスナックとしても人気。

鶏肉はたんぱく質が豊富な食材で、副菜に野菜を添えた定食スタイルで食べれば、栄養バランスも問題ありません。

食べやすいサイズで、重すぎず満足感が得られるところも、人気の理由と言えるでしょう。

 

ハンバーグ

 

カロリーの目安:300~400kcal

ハンバーグは、子供にとっては一番のごちそうともいえる人気メニュー。

大人になってもハンバーグが好きな人は多く、ランチやディナーとしても定番です。

ファミリーレストランには、デミグラスソースや和風、煮込みなど、さまざまなスタイルのハンバーグがありどれも大人気。

サラダや温野菜などが添えられたスタイルがほとんどなので、野菜もしっかりと摂れます。

柔らかくて食べやすく満足感があり、贅沢感が味わえるところも魅力です。

 

麺類

 

カロリーの目安:ラーメン400~600kcal うどん250~400kcal そば300~450kcal パスタ400~700kcal

麺類は、ラーメン、うどん、そば、パスタなど、種類が実に多彩。

また、ラーメンであれば、醤油味や味噌味、パスタであれば、ミートソースやペペローンチーノなど、バリエーションが豊富で飽きずに食べられる点でも人気です。

得にラーメンは、行列ができるほどの人気店が多数。

トッピングをプラスすれば、贅沢感や楽しみがあり、栄養バランスも整います。

つい食べたくなってしまうメニューでもあります。

とんかつなどの揚げ物

 

カロリーの目安:とんかつ1枚あたり400~500kcal 天ぷら1人前あたり200kcal前後

とんかつは、がっつりした食事を摂りたい時など、得に男性には人気のメニュー。

数ある揚げ物メニューの中でも、最も満足度が高いと言えるでしょう。

付け合わせにはキャベツ、さらに、みそ汁や漬物などが付くところも、満足できる理由の一つです。

また、天ぷらは、野菜や魚介類などさまざまな素材が使用されているため、栄養が摂れる点でも人気。

がっつり仕事をするための栄養補給としては、ぴったりのメニューです。

 

生姜焼きや焼肉

 

カロリーの目安:1人前あたり300~400kcal

生姜焼きや焼肉も、しっかりと食事を摂りたい時に人気のメニュー。

甘辛いタレも食欲がそそられ、ご飯との相性もバッチリです。

肉類は、低糖質で高たんぱく質の、身体を作るためには積極的に摂りたい素材。

サラダなどの副菜、汁物などが必ず付いた、定食スタイルで提供されるため、満足感が得られ、かつ、栄養バランスも整っています。

贅沢な気持ちにもなれる生姜焼きや焼肉は、とんかつなどの揚げ物と同様に、力を付けたい時にもおすすめです。

関連記事

社員食堂のカロリーを抑える工夫とは?

 

社員食堂の人気メニューのカロリーは、使用する素材や調味料、調理の方法などによっても違ってきます。

ただ、どのメニューも決してカロリーが低いものではありません。

健康管理をしながら満足感が得られるメニューを実現するためには、カロリーを抑える工夫をすることも必要です。

ここでは、ちょっとした工夫でカロリーが抑えられる、おすすめの方法をご紹介します。

 

一食当たりのカロリー計算をする(500~600kcal

 

一食当たりのカロリー計算をして、500~600kcalに抑えましょう。

農林水産省:一日に必要なエネルギー量と摂取の目安

最もカロリーが抑えられる方法が、余分な油脂をカットすること。

例えば、鶏肉の皮を取り除くだけでもカロリーが抑えられます。

また、焼いたり炒める際には、テフロン加工のフライパンなどを使う、揚げ物は衣を薄くつけ、油の吸収面を少なくするために、大きいサイズのまま揚げてからカットするなど、できるだけ油を取り除くような工夫をしましょう。

油脂は少量でも高カロリーですから、工夫次第でいくらでもカロリーダウンが実現できます。

 

定食スタイルにしてバランスを整える

 

食事の提供は、定食スタイルにしましょう。

主菜・副菜・汁物などがセットになった定食スタイルは、野菜が必ずついているため、栄養バランスが整えられます。

例えば、丼物や麺類などの単品メニューに、野菜のメニューをプラスしてセットにすれば、必然的に野菜が摂れます。

また、見た目の満足感も得られるため、ご飯や麺の量が少なめでも、物足りなさは感じません。

 

野菜を多くしてボリュームを加える

 

一品の料理に使用する野菜を多くして、ボリュームを出しましょう。

カロリーを抑えるために、使用する素材の量を減らしてしまうと、見た目のボリュームも少なくなり、満足感が得られないかもしれません。

でも、野菜の量を多くすれば、料理にボリュームが加わり、かつ、カロリーを抑えたメニューが実現できます。

栄養バランスも整えられる、おすすめの方法です。

 

よく噛むようなメニューを取り入れる

 

じっくりと味わいながら食事をするように、時間をかけて良く噛むようなメニューを取り入れましょう。

よく噛まないで食事を摂る早食いは、満腹中枢が刺激されて満腹を感じる前に多くの量を食べてしまうため、食べ過ぎになりがちです。

ゆっくりとよく噛んで食事をすると、いつもより少ない量でも満腹感を得やすく、食事のコントロールができます。

 

まとめ

 

社員の健康管理や生産性の向上など、多くのメリットがある「社員食堂」。

一般的なレストランや定食屋ではカロリーが高くなりがちな人気メニューも、社員食堂があれば、カロリーを抑えながらも満足感が得られる食事が提供できます。

一食当たりのカロリー500~600kcalを目安に、栄養バランスを整えるために定食スタイルで提供をしましょう。

調理には野菜を多く使ってボリュームを出し、よく噛んでゆっくり食べられるメニューを取り入れることも大切です。