社員食堂を導入するかどうか、といった議論が多くの企業で討論され、年々導入したいという需要も高まっています。

しかしあると嬉しいだろうな、という漠然とした思いはある一方、企業側と従業員側にどのようなメリットがあるのか、具体的に考えてみたことはあるでしょうか。

今回は企業と従業員、おたがいの立場での社員食堂のニーズについて見ていきたいと思います。

社員食堂を導入する企業のニーズは

最初に社員食堂を導入する際の企業側のニーズを見ていきたいと思います。

福利厚生として活用

社員食堂を運営することで企業側が特別に利益を出せるわけではありません。

それにも関わらず多くの企業が社員食堂を導入したいと思っている理由として、福利厚生の一環になるから、という部分が非常に大きくあります。

社員食堂をはじめとする食事補助は住宅手当と並んで非常に社員側からの人気が高く、それによって有望な人材の獲得や離職率の定価につながると言ったメリットが企業側にもある訳です。

社員の健康維持や健康向上になる

働いた経験のある人の多くは健康面を崩して体調を悪くし、急な休みをとったり、入院をしたこと経験がある人も多いのではないでしょうか。

そのことから企業側が社員全体の健康を管理する、といった「健康経営」という考え方が年々重要視されるようになっています。

健康面において日々の食事というものは非常に重要であり、社員食堂によって栄養バランスの管理されている食事を提供が、長期的に見て労働力の向上につながることになります。

社内のコミュニケーションが活性化される

多くの社員は忙しく、また自分のデスクのような個人的なスペースや外出先で少数で食事をとるため、どうしても特定の人としか喋らないことが多くなってしまいます。

しかし社員食堂のような社外から出る必要の無く、多くの人がひとつのスペースに集まる場所を作ることで、多くのコミュニケーションをおこなえる機会が増えます。

多くの人が話すことによって社内全体の仕事が円滑になり、活気も上がり労働力の向上が見込めます。

社員の満足度が上がる

日々の食事を楽しみにする人は多い一方、あまり時間が取れない、節約して安いものを食べたいなどの理由で簡単に済ませてしまう人も多くいます。

社員食堂であれば安価でありながら移動時間を短くし、豊かな気持ちで食事を楽しむことができ、必然満足度も高まることになります。

社員にとって社員食堂のニーズは?

では次に社員食堂を導入する際の社員側のニーズを考えていきます。

食費が抑えられる

多くの人が社員食堂を利用する理由として、「外食よりも安価に食事を食べることができる」というものがあります。

社員食堂は福利厚生の一環であり営利目的では無いため安価なことが多く、自炊してお弁当を作る習慣のない人にとっては非常に食費を抑えることができます。

時間をうまく使える

通勤時間や食事の際の移動時間などをわずらわしく感じる人は多く、実際に生産性にも大きく関わってきます。

しかし社員食堂であれば移動時間の手間がなくなるため、より有意義に休憩時間を取ることが可能となります。

美味しくて飽きのこないメニューがある

一般的な飲食店やコンビニのメニューは味付けが濃いことが多いため、いつも同じものを食べているとすぐに飽きが来てしまう、というデメリットも抱えています。

しかし社員食堂はカレーやラーメンといった定番のものから丼物、また毎日のように来てくれる人を想定した日替わりメニューまで幅広くレパートリーを用意していることが多く、毎日の食事をそこだけで賄うことができます。

ヘルシーなメニューで健康になりたい

社員食堂はカロリー表示が明確にされていることが多く、料理も日々の健康を考えて栄養士さん達がメニューを決めています。

おにぎりだけや牛丼だけ、といったような外食では野菜をしっかりと取ることは難しいですが、社員食堂では意識することなく野菜が用意されているので、健康的な食生活を送ることができます。

まとめ

以上見てきたように、社員食堂は企業にとってもそこで働く社員にとっても、多数のメリットがあります。

今後ますます社員食堂の需要は高まるものと考えらていますが、一方で現実問題としてスペースの確保やコスト面など、導入のハードルが高いということで断念してしまう企業が多いのも事実です。

しかし現在は業務委託形式という、外部の業者に出来合いの弁当を配達してもらったり、調理場所の必要がない設置スペース形式の食事販売のサービスを始めているところが増えています。

またコンパクトな厨房の提案をしてくれる業者もありますので、現実問題として難しいけれど社員食堂について考えてみたい、という企業はまずは委託業者に相談してみることをおすすめします。